魔術と蒼い樹 ひとりごと
 

魔術と蒼い樹

イラストレーター浅葱ヨウコの気まぐれブログ 仕事の報告やどうでも良い話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとりごと

2012-02-02 13.00.29
前年の秋以降、こういうの初めてで…的なことが続いてなんというか、人生飽きることはないね本当。



自分の話が書けないので(なんぞヤバいわけじゃないよ)、人の事を書く。

若い子が薄暗い世界に憧れるのはどうしようもないのでしょうか?
それとも、私の周りに多いだけなんでしょうか。。
不自然に前向きな人は苦手なんですけど(雑誌に煽られて真に受けてるような)、
あまりにも「怖さをしらないまま、自暴自棄的に暗い世界に行こうとする」子がチラホラいて怖いです。

中2病と言われる何かは普通通る道だと思うので仕方ないと思うんですよ。
んで、その過程でちょっと悪そうな大人が枠組みに囚われない生き方してるのを見て
「かっこいい」ってなっちゃうのもなんとなく理解できるんですが…

そういう人達(無茶な人生送ってる人)ってのは、一見駄目そうでも
生きるために守らなければならない部分はきっちり守って実行してるものですよね。
(もちろんどうしようも無い人ってのもいるけど、そういうのは危険すぎて魅了として映らない気がする。)

たとえば日本で生きる気があるなら国民の義務は果たさなければいけないわけで(腹たっても)、
それをするためには一定の条件をそろえる必要がありますよね。
そういうことを現実的に考えることができないのは、本当に子供なんだと思います。

若いうちは怖がらないである程度無茶したほうがいいと思ってますけど、
無謀すぎることしたら命をおとしますよ。

死んでもいいとか言うケースもあるけど、それはやっぱり分かってないんだよなあ。
場合によっては生死に関してぼんやりしたまま死んで行く子もいるのでしょうが、
それはあまりにも思考停止すぎる。ちっちゃな子供ならそういうこともあるかもしれないけど、
(虐待受けてたりすると思考停止するのが生存戦略だったりするしね・・)
成人してるんなら自分の面倒自分でみれるように真面目に考えてみればいいのになぁ

とか 思う。
そんなことがあって。

大人になっちゃってからの自分の状況は概ね自分の責任。
もし辛かったり不幸だと思ったりするなら、それは自分の選択が良くなかったのかもしれないのだから、
もし「良くしたい」と願うならそのために何をしたら良いのか自分で考えて実行するべきよな。

自信ってこうして付いていくものだと思うし。
人任せにしてると、いつまで経ってもしっかり立てないんだぜ。


(この話は「孤立」と「自立」の話に流れていくけど、今は書かない。)




節分の豆は、値引きする頃を狙って買いにいきます。
大豆大好き。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/03(金) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レンタル屋近くだと嬉しいね | ホーム | かくていをしんこくせねば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asagimagic.blog71.fc2.com/tb.php/3025-fe7f6bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。