魔術と蒼い樹 神戸⑥
 

魔術と蒼い樹

イラストレーター浅葱ヨウコの気まぐれブログ 仕事の報告やどうでも良い話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神戸⑥

初日朝ごはんは駅で買ったお弁当
食べ物画像などなど。
画像サイズいじるのが面倒(時間が・・)なのでガタガタのままあげてしまう。

自分でちょっとつまらない人間だなーと思うくらい旅先の食事にこだわりのない私です。
まずいものは食べたくないが、普通ならなんでも良い。こだわらない。
当日の朝ご飯は新幹線で食べる感じだったので、(友人は駅弁食べる気満々だったのだけど)
私はコンビニで適当に見繕って…と思ってました。

しかし、出かける前日に横浜在住の方と「シウマイ弁当」と「チャーハン弁当」
の話を(ネット上で)したものだから、東京駅だし無いかしら?と思って探したのだけど・・

なぜか「シウマイ(オンリー)」しかなくて・・・

なぜシウマイ弁当がない!
いや、場所によってはあったと思うのですが、早朝で買えるところには無かったんですよ。
で、仕方なく太巻き。あと野菜ジュース。
一応バランス考えて野菜ジュースなど飲むのですが、本当のところは単純に好きだからです。
嫌いな人は可哀想にねぇ、おいしいのに。

行きの新幹線でも飲む友人(ちょっともらった
朝から日本酒を飲む同行者(女)。
どんだけ呑みたいんや。

お昼ごはん 店内貸切状態でガラガラ
そしてお昼ご飯。たぶんここだと思う「薩摩黒豚と芋焼酎 黒豚庵」

私が「もうどこでもいいよ。プロントでいいよ。」みたいになってるのをまったく気にせず、
なんで神戸まできてプロントなんですか!とか怒られながら入った豚肉がウリのお店。
夜はお酒を出すお店だったのだけど、それにしても店内ガラガラ。私らしかいなかった。。

お肉揚げたてでおいしかったのだけど、それより黒米が嬉しい。
ごはんおいしかったです。(ある意味台無し



夜はコンビニおにぎりで次の日の朝は「イスズベーカリー」という老舗のパン屋さん(ごく普通のパン屋)
で買ってきたパン食べました。写真撮らなかったな…ああ、仮面ライダーに夢中だったからだ。。
(旅先でも見るよ!面白いよ!)

二日目お昼ご飯 黒カレー超ビーフ
お昼は「デコボコ」というお店のランチで黒カレー。
なんでこんなに黒いのか謎な黒さだけどおいしかったです。
牛肉カレーで甘めだなぁ…と思ったけど、あとからじわじわ辛かった。

北野坂店行きました。なんだかオシャンティなお店で何屋か分からんと思ったのだけど、
鍋料理だったんか。そんな風に見えなかった…そしてここもランチガラガラ。
私達しかいなくて、出る頃おばあちゃんが1人だけ入ってきてたな。

焼き鳥屋
夕飯は焼き鳥。
焼き鳥画像取り忘れたなり。

友人の仕事先の誰だかの妹さんがやってる店、とかなんとか言ってました。
今回の旅、友人は仕事先の人がらみの場所に行ったり会ったりするのも目的だったらしく、
私関係ないから行かねぇよと断ったのもあるんですけどここは付き合いました。
店の名前間違ってたりで探すのに一苦労。でもまあ、おいしかったので良いです。



最終日の朝ごはんもパン屋で買って食べました。
そして一日ほぼ別行動。
自由満喫。

知らない土地は、観光するより普通に歩き回るのが好きです。
知らない景色に身を置くだけでかなり刺激があるし、気分良いので。

この日は1人で兵庫県立美術館に行きました。
良い美術館ですねー、立地条件も建物も。内容も良かったです。
そしてやっぱりガラガラだった。。

美術館とか図書館の静寂は快適ですなぁ。住みたい。

三日目 洋食屋さんの洋食らしい洋食
友人との待ち合わせは最初15時に三宮だったので、ひとりご飯です。
目に入ったお店に惹かれてランチメニューを。
なんというベタな洋食!他にも色々あったのですが、これが良かったのよ。
ハンバーグ、ちゃんと作ってる味でおいしかったなー。
こういう洋食にお豆腐のお味噌汁が付いてくるのがなんとも懐かし系。

無愛想ってことはないんだけど、そっけないのが優しさなおばちゃんとイケメンが働いてました。
近所にこういうお店があればいいのに。

懐かしい雰囲気のお店。
珈琲専科リコー

ググっても大して情報出てこないねぇ。

そしてその後待ち合わせ時間を16時に変更。

待ちぼうけ時間つぶし
灘駅から三宮駅まで歩いて30分くらいでした。
ジャスト16時に待ち合わせ場所についたのだけど、17時にしてくれと連絡がきたので時間つぶし。

三宮駅近辺で見たい場所とか思いつかなかったし、もうのんびりしようと喫茶店へ。
前を通るたびに気になってた「神戸にしむら珈琲店」

サライ読む

神戸北野のハンター坂の南角。テーブルがたった3つのちいさな珈琲店がすべての物語の始まり。
1948年は戦争が終わって3年後の日本では、珈琲豆のかわりに大豆の“代用コーヒー”にしかお目にかかれなかった時代に“誇り高き極上の一杯のコーヒー”を呈してくれるたった一人の女主人の店。その名は「にしむら珈琲店」。




ですって。かっこいいね。

ミックスジュース!懐かしい味
活気のある店内で、なかなかの喧騒なのだけどすごく居心地の良い空間でした。
従業員の方も元気で礼儀正しく。

折角だから珈琲…て思ったのだけど、もっと可愛いものが頼みたくてミックスジュース!
バナナ強めの優しい味でした。

やっぱりきつかったす
帰り、新大阪でご飯どうする?てなったのだけど、正直お昼ご飯が遅い時間だった上に
甘いものを飲んでしまった私はおなかすいてなくて。
迷った末…苦手だと言ってはばからないくせにケーキとか頼んで後悔してました。

いや、味は良かったんですけど喰えねぇ。。

ちなみにレモンは紅茶に入れるのではなく、そのまま食べます。



今回の旅のお食事はこんなんでした。



スポンサーサイト
  1. 2011/10/09(日) 12:13:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神戸⑦ | ホーム | 神戸⑤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asagimagic.blog71.fc2.com/tb.php/2909-cedcd2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。