魔術と蒼い樹 ひとりごと。
 

魔術と蒼い樹

イラストレーター浅葱ヨウコの気まぐれブログ 仕事の報告やどうでも良い話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとりごと。

20110805sora.jpg
邪悪なこと考えてない…って話がらみでちょろっと。



「負けず嫌い」ということに関しての話は何度もしてるし、ほんとしつこい話なんですけど、
自分自身負けず嫌いなのかと問われればそうでもあるし違いもするなぁと思う者であります。

他人様に対しては滅多に発動しません、あくまでも負けちゃならないのは自分自身ですので。。
それは自分がとてもふがいない、だらしない人間だとよく知っているからです。

他人に激しく対抗心を燃やせる人って結構いて、すごいねって思います。
勝負の世界だと、そういう気持ちがないと駄目ですよね。
戦えなければ死ぬだけだし。よくわかります。

あと、怒りのパワーを使えって言う人もいて、それもわかります。
良い具合に落ち着いてしまわないで、積極的に怒れという話もちらほら耳にします。
実際「誰かのために!」とかそういう気持ちより、
悔しさだとか憎しみなどの力のほうが強かったりするんですよね。
もちろん人によると思いますので、そうじゃないと言う人もおられるでしょうけれど。

でも自分自身の経験で思うのは、怒りの力は大きいなぁということです。
びっくりするような事ができたりします。よくも悪くも。

自分の元々の気質が短気で怒りっぽいのか、チキンで心を乱されたくない方なのか
分からなくなるのですが、今より若い時分は常に苛立ちと怒りを抱えていたと思います。
もうずっとそうだったので、それがない人生が分からないほどに。

若い頃って、そんなものかもしれんですけど。。

時々ぼやきますけど「常に戦ってる印象」って言われるのを嫌がる私ですが、
その頃の何かを引きずっているのでしょうか。やだなぁ。
(確かに私は本質的に優しい性質ではないと思います。ほんとに寛大な人とは決定的に違うって知ってる。)

今の私から見ると良くない…と思うのですが、当時はそれで良かったのだと肯定してます。一応。
それがあったからできたことが沢山ありますので。

ただ現在の私としては、マイナスの感情で馬力出すより良い感情で力を出したいと思うわけです。
誰かを憎んだり何かを否定したりすることで強い力を引き出しても、
後から自分に黒いものが撥ね返ってきますから。
完全に黒い感情を否定するわけじゃなくて、基本的な力の出し方の話です。
怒りがなければ何もできない人になりたくないなぁ…ということです。


大人になってから友達になった何人かが、とても自由人でして。
なんというか、空気読んだりはそれほど上手じゃないんだけど(笑)
人懐こくて自分に正直で、自分も好きにするし人も許せる生き物で感心します。
大抵そういう人と序盤で軽い喧嘩してるんだけど(空気読まないから)、
真面目に怒って理由を言えばちゃんと聞いて悪いと思えば謝ってくれるし、
納得いかなきゃそれを言ってくれるので関係はあまりこじれてない気がする。

私もそうなのですが、怒った内容・出来事と相手を嫌うのは別の話なので、
これで離れてしまうことがないのです。
よほど「生理的に無理」みたいな地雷踏まない限り。

どうしても話が合わないことだってあるので、それはそれで放置です。
そこは話合わないねー…って言って終了です。

私は他人の考えていることにとても興味があるので、違う考えなら
それはそれで「何でそう思うのか」を話してくれると喜びます。
一番イライラするのが、理屈抜きで全否定とか…とにかく話にならないパターンが嫌いです。

あまり言いたくない話なのですが、私の家族がわりとそういう感じでしたので
(私も悪かったのだと思いますけど)ずーっと苛立ったまま生活しておったのです。
何せ一番近くにいる人間がそうだったので、他人はそういうものだという刷り込みがなされました。

だから、自分の考えを言っても受け止めて打ち返してくれる友人を見てから、
ちょっと色々反省しましてな。
もちろん普通に怒ったり実も蓋もない悪口言ったりなど日常茶飯事なんですけど、
あまり陰湿じゃないのが見ていて清清しいです。

もっとも馬鹿正直なだけではただの馬鹿なので、平和な狡さは必要だと思うけどね。
お前できてんのか?と言われたら「できてまてん!」って答えるけどね!!(アホだからー

とはいえ、そんなこんなで邪悪なことなどそんなに考えてないのですよ。
(よほど何かあった場合は別ですけども。)
基本的にみんな幸せでいて欲しいと、結構本気で願っているものでして。

なーんて一方的に信じろといわれても、はい分かりましたとはいかないかしら。
普通に合わないから嫌われたり何か言われたりするのはまあいいと思ってるのですが、
誤解はいやだなぁと思うわたし。





「我々は血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ」

スポンサーサイト
  1. 2011/08/11(木) 00:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メモ | ホーム | ネコの思い出。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asagimagic.blog71.fc2.com/tb.php/2845-9aeac8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。