魔術と蒼い樹 版画が好きなんです。
 

魔術と蒼い樹

イラストレーター浅葱ヨウコの気まぐれブログ 仕事の報告やどうでも良い話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

版画が好きなんです。

yokohama_b2.jpg
先日ちょっと横浜行ってきました。
メインの用事は横浜美術館。

長谷川潔展

どうしても見に行きたかったのです。
前から知っていたわけではなく、たまたま美術館のサイト見て気になった感じでした。

銅版画好きなのです私。
前にも言ってるかもしれませんけど、児童書の絵に魅せられて育っているのですが、
結構な割合で版画だったのですよ(かなり後になってから知ったのですが)。
ずっと普通の手書きだと思って、手書きで再現しようと頑張った私ったら。。

そんなわけで、油彩とかより黒と白の線画の世界が一番自分にしっくりきます。
(他の絵も好きですよ。ただ、選べと言われたら↑です。)

ここ数年の間で知った菊池伶司も良かったなぁ。

yokohama_b4.jpg
いつものごとく詳しい感想など書く気ないわけですが…

久しぶりに何か刺さりましたよ。
今の気分などもあったと思うのですが、作品を見ながら色んな思いがこみ上げてきて泣けてきました。
単なる情緒不安定とも…いや、そんなことないぜ。

作家によっては哲学的な何かを内包した作品をつくりますけど、
この方も後のほうがそんな感じでしたねぇ。初期の作品で泣いたわけですが。

フランスに渡って作品作っていたらしいのですが、
情勢があやしくなった頃酷い目にあったようで、
そういった出来事の後の作品が不思議な空気になっていました。

同じ鳥が何度も出てくるのですが、作者自身なのですって。
植物の種をみつめていたりするのですが…それについて知りたいと考えて
見つめる自分自身の姿だとかなんとか。

あと、失われた技術に興味を持って復活させるために尽力したそうです。
(表彰されたりしてたかな?嘘かも)
当時廃れていた古典技法のマニエール・ノワール(メゾチント)…ですね(調べた
ものすごく独特の黒(ノワール)でした。深い黒です。
その作品、見てるととても不思議な気持ちになりました。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/25(水) 00:42:55|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そらまめ | ホーム | 24日が終わっていく。。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asagimagic.blog71.fc2.com/tb.php/2754-c4d07574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。