魔術と蒼い樹 余談…的な
 

魔術と蒼い樹

イラストレーター浅葱ヨウコの気まぐれブログ 仕事の報告やどうでも良い話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

余談…的な

Recollection 追憶

ってことでハタチになりましためでたく
    とりあえず死なずに生きながらえたよ 死ぬ直前まで身体がききますように
                 
あと3…40年ってとこか






30過ぎたあたりから痛烈に感じるのですが…



もうですね、本当に本気で「自分のために自分のことをと頑張る」のが難しくなってます。自分のためにそんな気張れませんよ、正直。馬力を出せることって、「誰かに望まれたこと」「誰かのためになること」の方が多い。勿論必要最低限、自分を守るために自分を優先せざるをえないことってのはあります。sれに、自分を軽んじるとかないがしろにされていいとか言う話じゃないですよ?ある意味自分は最優先です(自分ありきの世界ですから)、でもそんなに頑張る気にはならない(笑

本来子供二人くらいいて、家族のためにやるしかない!みたいになってる歳です。
そう考えると、うまくできてるなぁって感心するのです。
守るものがあると…どうあっても意味自分をいい加減に扱うわけには行かないじゃないですか。
なるほどねぇって思うんですよ。まあ、それは良いのですが(両親健在ですし



前年一部の人達に、つい強い言い方をしてしまったのですが…仕事のことに関してもそうなんですよ。
怒ってるわけじゃなくて、感覚のズレが許せなかったといいますか「そうじゃない」って思うことがちょこちょこあったのです。考えとか感覚は解ってもらいにくいと理解してますので、分からない人はそれで別に構わないって思ってます。仕方ないし。ですが、「ここは譲れない」という部分だけは黙っておれなかったんですよね。

あまり具体的には書かないですけど

今の私にとって絵を描くということは
手段であって 
目的ではないのです

絵を描きたいから描いてる…確かにそうで、完全に否定はできませんがどうも誤解されがち。なぜなら、当たり前のことになってますからね、描くのが。で、描き続けるためにどうしたらいいのか考えてなんとかした結果、今はこんな状況です。この先どうなるかは分からない。

絵を描く事を目的に 絵を描いてるわけじゃないんです 描くのは当たり前なんです
(もちろんそういう部分もありますが…自分のための絵ってのもありますから)

目的は別です。

青臭いお話でお恥ずかしいのですが、私、どうしても本が好きでして(存在が)そこに関わっていたいんですよ。さらに、教育に関心があります。お節介な性分で、他人の内情に首を突っ込むクセがあるのですが、突き詰めていくと教育ってところに行き着くのですよね…広い意味での教育。(首を突っ込む理由は一般的に思われがちなモノとは少し違うかもしれんです、書かないけど。私は「自愛に満ちた思いやりのある優しい人」な訳ではないです、残念ですがちょっと違う。
それらのことに、直接関わることができませんでした。描くことを優先したから、そういう選択肢を選べなかったのです(たぶん)。能力的にも無理でしたし。でも何かしたい…というのがありまして、でも私にできることは絵を描くことで…悩んで追い求めた結果、本にも教育にも絵を描くということで関われています。今のところ、幸いにして。

人生まだまだ続く予定ですので、この先どうなるか分かりません。明確なビジョンもありませんが、おそらく基本方針は変わらないと思います。(生活のために描く事に拘っていられなくなったらやめる覚悟は常にもってますが、そうならないための努力はしようと思います。)

意識の前面にあるのは、自己表現とかってものより、「為になっているのか?」ということです。
たとえば描いた絵が教育の現場で役立って(何かが分かりやすくなったり、気分が良くなったり興味をひいたりした…ということ)、そのものの作り手や使った方々が喜んでくれたら嬉しいじゃないですか。やって良かったって思える。綺麗な絵だねとかうまいねって褒められるより、私は嬉しい。
実際上手くないしね、描けるけど特別上手くはないのよ。上手くなりたいとは思いますが。

今進行中の仕事で、中学生の夏休みの宿題で使う教材の絵があります。
こういう依頼、本当に幸せです。私自身が…馬鹿を披露する感じですが、そういうちょっとしたカットなどが好きで、良い絵は模写してましたし絵に落書きして遊んだりしてました。下手な絵にはけちをつけたり(笑)。
今の子も、そうすればいいと思う。その絵を使って、何かがちょっと面白くなればいい。
そうやって楽しんだ子の中から、また私みたいのが出てくるんだ。きっと。

絵に限らずですが(音楽や文学なども…)、そういうものって力があって、どこに作用するかって「心」だと思います。その力を私は人を育てたり助けたりすることに使いたい、できるだけ「本」というものを通して(←ここが我がまま)。。
やり方もやりたい事も人それぞれで、何言ってんだって思う人もいるだろうけど、
私はやりたいことを自分にできる方法で出来る限りやるのだ…ということです。
そういう意味で、私は仕事人間じゃないよ。

(「イラストレーター」として最終的にやれたらいいなーと思うことはまた別にあるし、
絵以外の表現でつくりたいという衝動は常にある。大きいもの作りたいなぁ、別空間を作る…みたいな。)

分かりにくい話で申し訳ない。

ここまで読んじゃったあなた、お疲れ様でした。
ほんとどうでも良いお話ですんません。




こんな風に書くとちょっと格好良い風だけど、そんな良いもんでもないんだよ。
なんかこう、こんな感じ…みたいな。ふわっとね、ふわっと。(わけわからん









スポンサーサイト
  1. 2010/04/07(水) 00:00:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とり。。 | ホーム | うまいなぁ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asagimagic.blog71.fc2.com/tb.php/2355-da872571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。